カテゴリ:

今夜は剣道の稽古。

 10数年ぶりに二刀流の方と立ち会った。剣道を知らない方にはすこし興味深いかと思い、虚々実々を記しますね。^_−☆

 ある、初めてのお相手と地稽古をしていて、途中から「二刀に変えてもいいですか?」と言われた。
 「おお」と思ったが、すぐに『面白いじゃないか!」と思い承知した。
 漫画「武蔵の剣」などで有名になった構えであり、ともすれば無敵のように思われている二刀流...実は、ぼくは苦手ではない。

 ぼくの攻め口はこうだ。

①まずは定石どおり、"霞(かすみ)"の構えで対峙する。
②右霞、左霞と変化(へんげ)しながら、相手の小刀におさえられないようにする。
③初太刀、二太刀と"片手突き"を放って、相手をやすやすと前に出てこれなく心理的に牽制する。
④決め手は機を見て、相手の射面を飛び込み面で制する。

  二刀だから強いのではない。
 どの程度の使い手であるかによる。

 海外で剣道をしていると、以外と二刀にあたることが多い。

 つまり、剣道も寿司とおなじで海外に出るとオーソドックスでないものの方が人気になる。

 寿司は、カリフォルニアロールやインサイドアウト、スパイダーロールなどが人気。剣道も、海外では二刀、逆二刀流、逆上段などの使い手が多い。

 だから、ぼくは二刀への対策ができていました...とさ、ジャンジャン^_−☆
bKHMsGMOUnknownUnknown-1Unknown-2