アーカイブ

2013年08月

カテゴリ:
この『Kokopelli』は、インディアンフルートの音色に誘われて3月に作った曲です。(西尾で運転中に、アイフォンに口笛で録音しました 笑)

笛を吹く”宇宙(そら)の部族”であるココペリのプリンスたちが放浪の果てに、すばらしい星(地球)を見つけて、「この星に住もう!」と決心したストーリーで、これまでになんどか夢のなかで見たストーリーをもとに詞にしました。


ライブ@ゆめたろう響きホール(イネ セイミ フルート教室発表会)

カテゴリ:



PIC_1538 8月17日は愛知県知多郡武豊町にある「ゆめたろうプラザ 響きホール」で歌いました。















イネ セイミ 教室発表会_edited-1














イネ セイミ フルート・インディアンフルート発表会のゲストで出演させてもらいました。

オリジナル新曲『Kokopelli』、『Rain』、『Lemon』など。


オリジナル曲『Lemon』は、ぼくが’92~2002年までアメリカで活動していたときに知り合ったニューオリンズのミュージシャンの友達たちが、2005年のスーパーハリケーン、カテリーナで被災したときにエールを送るつもりで書いた英詞の曲でした。最近、また演奏しています。





PIC_1551





オリジナル『Kokopelli』は、インディアンフルートの音色に誘われて3月に作った曲です。(西尾で運転中に、アイホンに口笛で録音しました 笑)

笛を吹く"宇宙(そら)の部族"であるココペリのプリンスたちが放浪の果てに、すばらしい星(地球)を見つけて、「この星に住もう!」と決心したストーリーで、これまでになんどか夢のなかで見たストーリーをもとに詞にしました。ちかくYOUTUBEにあげますね〜。



PIC_1563















PIC_1580















『Rain』は、『雨の本屋』の藤野さんに原作のポエムをお願いして作詞した曲です。純文学的な題名の『雨の本屋』(原詩)ですが、なつかしい’70年代のサザンロックというミシシッピー川流域の音楽の曲調で作れちゃいました(笑)なぜか、わかりません。(汗!)









PIC_1627

また、生徒さんたちにまざって『ふるさと』も吹かせてもらいました。
楽しかった〜。












PIC_1647

サプライズで生徒さんの『コンドルは飛んでゆく』の演奏を唄でお手伝い。











8月30日のMabo雅弥さん、イネ セイミさんとのライブでも歌います。

マッサージーズのレパートリーです。



IMG_1982


















PIC_1524































集合写真。
フルート・インディアンフルートの生徒さんと出演者全員でパチリ!

どのお弟子さんも熱演でした!








PIC_1581

それから、なんといってもスペシャルなのが、バイオリンの高橋 誠さん(http://www.saysun.net)とギターの望月雄史さん(http://www.mocchi-music.com/mocchi_official_site/index.html.html)の名演でした。

イネ セイミと高橋さんの共演は、ことし1月以来。前回もぼくは、生で聴かせていただきましたが、いつも素晴らしい。こころが震えます。





PIC_1582


今回は、とくにすばらしい残響のホールなので、誠さんも喜んできてくださいました。いちだんとバイオリンの響きが冴えていました。

生であれだけ響くんですね。
また高橋さんの超絶テクニックを堪能できたのが『ひばり(Lark)』というジプシーの曲。

旅をしながら音楽を奏でてきたジプシーたちのボヘミアン・ライフ、その中から生まれた歴史のある音楽、会場から沸き起こる拍手喝采の渦。高橋 誠・望月雄史デュオ、最高でした。





PIC_1585















モッチーさんこと、望月雄史(もちづきたけし)さん(HP: http://www.mocchi-music.com/mocchi_official_site/index.html.html)。
モッチーさんのギター、温かくてフィネスで、しぜんに引き込まれますよ〜。イネ セイミとの『黒い瞳』、しびれました!



PIC_1598






 高橋 誠さんのオリジナル、『Sleeping Beauty』、インディアンフルートのG管をつかって共演。

高橋さんは竹取物語のイメージで作曲のインスピレーションを得たそうです。こころに沁みました!



今日もしあわせ。

毎日、たのしい。

みんな、愛してま〜す。





 

風鈴 

カテゴリ:
IMG_2051 以前に描いていた風鈴の画が、今日偶然出てきました。

まだ暑い日が続きますね。 




































毎日、しあわせ。

今日もいい日。

みんな、愛してます。 

『繪伝をぐり』(音楽監督 Mabo雅弥)観劇

カテゴリ:
8月11日(日)はMabo雅弥さんが音楽監督・生演奏したお芝居を損保ジャパンひまわりホール(名古屋市伏見)へご招待いただき観劇。


IMG_1985



『繪伝をぐり』(演出:木村繁さん)

































IMG_1989










パーカッションやドラムセットが御

簾(みす)ごしに並べられていて奇

麗でした。






演出の木村さんとは20年来のコンビだけあってMaboさんの絶妙なパーカッション生演奏、幕間での小粋なパフォーマンスも実に最高でした。


IMG_1996
























IMG_1992


第二部の開演をつげるMaboさんのパフォーマンス。














































IMG_2006







3日間で2時間の舞台を5講演、お疲れ様でした〜!















IMG_2009


そんなMaboさん、10月には世界最大の能楽堂、名古屋市・能楽堂で無形文化財の方とこれも型破りなコラボがあるらしい〜!





こちらも楽しみ〜!












IMG_2010







「Mabo雅弥さんは、すべてあそびで

すべて真剣」いわく ぺぺちゃん

(Mabo雅弥夫人)




















IMG_1982




ライブあります。

よかったら。
































毎日しあわせ。

今日もたのしい。

みんな愛してます。




































 

慰問コンサート@小澤医院

カテゴリ:
IMG_1958
本日8月6日は、マクロビオテック(玄米菜食)による体質改善

免疫力・自然治癒力の向上を図り、
病気を治療に導く有床診療所として全国的に有名な小澤医院(碧南市)さん http://www1.ocn.ne.jp/~ko-za-wa/index.html 

へ慰問コンサートに伺いました。


セイミさんは2年ぶりだそうです。

























IMG_1972インディアンフルート・フルート ;

イネ セイミ

ピアノ・ボーカル ;

ジギー テラガ




イネさん、「もののけ姫」の顔まねしているわけ...ではないようです(笑)























IMG_1968
演奏させていただいた会場は、むかしのオペ室。
でもピアノもありますよ〜。

床にマットを一面にしきつめて、入院されている方々やご家族、こどもさんたち、介助の方たち、そしてスタッフのみなさんがすわってゆ〜たり聴いてくださいました。












イネさんがインディアンフルートを吹き始めたときのことです。

どこからか鳥の声が。

すごい、うるさいくらいの大合唱です。

じつは院長先生は、動物大好きで、熱帯のきれいな羽根の鳥をいっぱい飼われているみたい。
IMG_1975

別棟の温室の写真です。

このなかに鳥がいっぱい。














インディアンフルートの波長が、鳥たちの波長とマッチしたのでしょうね。

ぼくはアベ・マリアやオリジナルを歌いました。

アンコールでLemonをピアノ弾き語りでお届けしたら、病室で聴いていてくださっていた女性患者さんが、
「CDはないの? もう一回演って」といってくださいました。

CDはないのでマイクをリセッティングして歌わせてもらいました。とても喜んでくださいました。

Lemonは、2005年のハリケーン・カテリーナで被災したニューオーリンズのミュージシャンの友人たちにむけて描いたちょっともの悲しい英語の曲です。


IMG_1961


お食事です。

自分たちも患者さん達が治療のために食べているお食事をいただきました。

玄米菜食、マクロビで有名な小澤医院さん、すごく美味しかった〜!


























IMG_1960
ちょうどお野菜の搬入時間だったんですが、どれも新鮮で美味しそうでした。

やっぱり素材が違うんですね。

















IMG_1959
小澤医院さんでは、すべての食材をPRAという
波動情報測定装置で測定して厳選しているんだそうです。




















こ〜んな写真、壁に飾られていました!

IMG_1977
誰だかわかりますぅ?

13年前のイネ セイミさんです。
(ワカっ!フクヨカ!)























帰り際、ぼくたちが羽根をつけて演奏していたので、院長先生いわく

「きれいな鳥の羽根、またあげるね!」

(感謝〜!)

IMG_2012



小澤先生のご本です。



































今日も楽しい、いい日。

毎日、しあわせ〜。

みんな、愛してま〜す。













Mr.マーク アキクサ コンサート in 八ヶ岳(信州・原村)

IMG_1877
8月3日は、インディアンフルートの第一人者であるマーク アキクサさんのコンサートへ諏訪湖の近く、八ヶ岳のふもとへ伺いました。

































まずは、甘いもの。
IMG_1876



































原村ペンションビレッジの美味しいカレー屋さん「ロビン」さん

http://tabelog.com/nagano/A2004/A200405/20001137/


セロリのジェラート。



美味しい〜。

セロリ好きとしては
クリーンヒットでしたぁ。
 


さて、Four Seasons Summer マークさんの定期コンサートです。
今回はギター 太田光宏さん、パーカッション よしうらけんじさんも共演です。

マーク アキクサさんのインディアンフルート演奏は2月に知多半島音楽祭で来ていただいて、そのこころに響く音色が大反響でした。



PIC_0568
 















PIC_0632
















そして、この7月15日には屋久島でライブ。

o0800045012609949502

師匠であるマークさんと5ヶ月ぶりの共演イネ セイミさん@屋久島

(ぼくはライブで参加できませんでした、残念!)












で、、、やっと訪れましたよ、”星祭り”真っ盛りの原村です。
IMG_1883










































IMG_1895


マークさんの演奏が始まりました。
最高のテクニック、すごい!





































IMG_1909


よしうらけんじ さんのパーカッション。

繊細かつ、バリエーション豊富な演奏、沁みます!

















IMG_1930


2月以来の 太田光宏さんのギター、
即興がすごい、美しい! 

























コンサート終了後、キャンドルの灯火と平和の祈りの際にマークさんとともに共演するイネ セイミ。
IMG_1907 2

 



















IMG_1913




IMG_1902


マークさんの「アメージング・グレース」、、、格別です。

















ふたりで即興も!

















IMG_1924

















そしてこの美しい方は、マーク アキクサさんのお母様、巫女舞いの倭瑠七(やまとるな)さんです。






























IMG_1897






倭瑠七(やまとるな)さんの左は、宮川大助・花子さんの娘さんの宮川さゆみさん。








































はぁ〜、お疲れさまでしたぁ。
いやぁ、いいコンサートでしたぁ。

ぼくも打ち上げに参加させていただきました。

ああ、しごとのあとの一杯は美味しいなぁ。

って、おまえは何もしてないだろう?(ひとりツッコミ!)

そのとお〜り!(自爆!)



IMG_1932
翌朝、

左からイネセイミ、宮川さゆみさん、マーク アキクサさん。

いいコンサート、ご苦労さまでした。













毎日、しあわせ〜。

今日もいい日。

みんな、愛してます〜。
 

このページのトップヘ

見出し画像
×